" />

最新の投稿

ニュース

【大学受験】おすすめの数学の参考書基礎編!!

2021年2月19日

こんにちは!

今回は「大学受験の数学の参考書、基礎編」をお届けします!

数学は大学からかなり難易度が上がり、基礎を疎かにすると、3年間苦しむことになります。

逆に言えば、基礎さえしっかりすれば、解けない問題はありません!

そこで今回は、基礎をしっかりと固めるのに最適な数学の参考書を紹介したいと思います!

長話も退屈だと思うので、早速みていきましょう!

大学受験おすすめの数学の参考書基礎編

基礎問題精講

まずはこれです!

旺文社が出している参考書です!

標準問題精講、上級問題精講など、様々なレベルに細かく分かれているのが特徴ですね!

標準問題精講からはかなり難しくなるので、基礎を定着させるという意味では基礎問題精講が一番いいと思います!

ただ、問題精講シリーズは問題演習がメインで、典型問題に慣れるという意味ではいいですが、基礎固めにはならないかもしれないです。

チャート式

次はこれです!

チャート式はレベル毎に色が分かれているのが特徴の参考書です!

一番簡単なのが白、2番目に簡単なのが黄、3番目に簡単なのが青、一番難しいのが赤です。

赤チャートは数学が本当に得意な人や、東大などの本当の難関大を目指す人がやるものなので、基礎の確認としては青チャートくらいまでを完璧にしておけば問題ないと思います!

青チャートはとてもいい参考書ですが、デメリットとしてよく挙げられるのが別冊解答です。

これがとても重たいので、あまり持ち運びには向かないかもしれないですね。

また、問題数もかなり多いので、かなり分厚いです。

家で勉強するのにつかうのふぁいいと思います!

大学への数学

続いては大学への数学です!

表紙に大きな絵が描かれているのが特徴ですね!

大学への数学は1,A,2,B,3の5冊に分かれており、それぞれの単元で重点的な学習ができます。

また、チャート式と違って難易度毎の冊子分けがなく、基本的な問題が多いような印象を受けます。

先ほども言いましたが、チャート式はデメリットとして、かなり重たいということがあるので、チャート式の持ち運びが好きじゃない人はこちらを使った方がいいかもしれません!

ちなみに大学への数学はめちゃくちゃ薄いですが、同時に問題もかなり厳選されている印象を受けます。

大学受験おすすめの数学の参考書基礎編まとめ!

いかがだったでしょうか?

大学受験の数学は基礎が命で、基礎が全てです!

何回も解き直して、第一志望に合格しましょう!

いつか応用編も書こうと思います!

ではまた次の記事でお会いしましょう!

-ニュース
-

© 2021 ばびろにあっ! Powered by AFFINGER5